日々のこと、あれこれ

2016.06.10

スモークバーガー@「J.S.Burger」新宿と新・NEWoMan

■新宿でハンバーガーいただきました。J.S.Burgerさんのランチセット。ポテトのほか、サラダバー(野菜だけでなく豆などたくさん選べてとてもお得)とドリンクが付いてとてもお得。ハンバーガーは「ヒッコリースモークバーガー」を選択。税込み1,490円です。
160608_jsburger1■スモークベーコンの香り、とても良いです\(^0^)/肉、野菜の旨みと重なって、おいしー。「新宿・ハンバーガー」と検索すると結構いろいろ出てくるけど、ここが一番充実しているのではないかと思う。昔から、新宿に来るとふらっと来てます。
160608_jsburger2■ダイエッターとしては(いまだにゆるく1日1500kcalめざしてやってます(^-^;)、ハンバーガー食べるときはポテトは極力残すのが基本ですね。セットで付いて来ちゃうし、おいしいけど巨大なカロリーになってしまうので。
またサラダバーも、パスタやコーン、ポテトサラダなど糖質系は極力やめて、きゅうりやレタスなど低カロリーの野菜にとどめる。ドリンクもコーヒーか紅茶で、ノンシュガー+ストレートで。
160608_jsburger4■実はこの日、今年4月に新宿駅前にオープンしたばかりの商業ビル、NEWoMan(大文字と小文字の表記がむずかしい、、、)のフードコートに行こうと思ったのです。一歩のぞいてみたら、11時10分すぎくらいだったのにフードコート内どのレストランも、もうすっごい行列で…
全部女性。20−50代くらいの、ヤングママ、シニアご婦人、界隈で働いている女性会社員風の方々など…あらゆる世代の「女子グループ」。それで「少し人が落ち着いた頃にまた来よう」とあきらめました(゚ー゚; 
■しかし女性の「新しくて素敵なもの」嗅覚と、「ここまで来たらとりあえず体験しないと!」の探求パワー、すごいなとあらためて思いました。中のフードコートもすっごい素敵で、丸の内、六本木、日本橋など、いまある各地の商業ビルとまたちがう、一歩進んだ洗練感、感じました。昔、2000年代前半の、オリンピックの頃のシドニーや、パリの百貨店のフードコートって「わー、こんなの東京にない!素敵ぃー!」と感動しましたが、あれに近いと思いました。
160608_jsburger3■で、こちらに。NEWoManは新宿の新南口ですが、J.S.Burgerも同じでその隣です。高島屋の向かい。目立たないのでわかりづらいですが、ここもどんどん知っている人がお店にすべりこんでいました。NEWoMan早く行きたーい。でも「ニュウマン」というカナ読み(これが公式)、どうも慣れない(゚ー゚;

******************
読んだ後に、クリックで応援お願いします(^o^)

↓↓↓

レシピブログのランキングにも参加中☆ こちらもできればクリックを<(_ _ )><(_ _ )>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.28

100年前のシステムキッチン?!@小金井公園の江戸東京たてもの園

_koganei_151127_2
前回の小金井公園ピクニック話の続きです。小金井公園は広い広い公園で、ドッグランや子供が遊べるトランポリン(みたいな巨大クッション)など設備盛りだくさん。気候のいい日だったら1日いられそうです。私たちはお弁当を食べて泡ワインも飲み終わり(^0^)、そのままずっと歩いて森の中を散策開始。

Park3_151124
■幻想的です…。軽井沢とか、避暑地に来たみたい。都内なのに。

_koganei_151127_3
_koganei_151127_1_1
■はじめにいたバーベキューエリアからゆっくり歩いて20分ほど。前から来てみたかった「江戸東京たてもの園」に到着。

_koganei_151127_7
■ここは、すごい面白いの!古代〜江戸時代、大正、昭和初期のいろいろな建物、民家、歴史的人物が実際に住んでいた自宅を森の中に移築したり再現した、「屋外博物館」なのです。大人は入園料400円。

_koganei_151127_8
■実際に家の中にも入れます。この「たてもの園」を回るだけでも広いので1日かかりそう。大人が行っても楽しいし、学校で歴史を勉強中の子供や学生さんも行ったら、勉強になるよね。この画像はほんの一部です。

_koganei_151127_5
■100年前のシステムキッチン?!というようなユニークな展示もありました。西ゾーンにて。
すごい充実の1日\(^0^)/\(^0^)/都内でも、お金を極力使わないで1日楽しめる場所、結構ありますね。またいろいろ探して取材して?アップします。
「小金井公園」
「(小金井公園の中の)江戸東京たてもの園」

******************
読んだ後に、クリックで応援お願いします(^o^)
↓↓↓

レシピブログのランキングにも参加中☆ こちらもできればクリックを<(_ _ )><(_ _ )>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.26

天気のいい日の“外”泡&吉祥寺さとうのメンチ\(^0^)/

■最近急に寒くなってしまいましたが、少し前、まだ外でも暖かかった(というより暑いくらいだった)ある休みの日。そういう日って出かけないと何かもったいない、という気がしてしまって家族で小金井公園へ。
小金井公園って、トリップアドバイザーでは小金井市の観光で人気第2位だそうで(ランキングのリンク)。それにしてもトリップアドバイザーは、実際にいい情報が多い┗(^0^)┛遠出や旅行の前は、ここで調べると間違いないです。

Bento_151124
■電車とバスに揺られてゆらゆらと到着。わたしはお弁当を自分で作るのが大好きなのですが、1歳児がいると準備に追われてなかなか余裕がなく、吉祥寺でやむなく市販品を購入してから行きました。「小樽フェア」を駅ビルのアトレでやっていたので、気が大きくなって奮発して買ったうにいくら丼ヽ(´▽`)/奥は生春巻き。

Sato_151124
Satobag_151124
■そして吉祥寺さとうのメンチ\(^0^)/\(^0^)/松坂牛使っためちゃ旨メンチ1個180円(5個以上で)。いつもとてつもなく行列してますが、実は週末でも意外と午前中は空いていてすぐ買えるのでおすすめですよー。2個、3個とつい食べそうになるが、メンチは1個200kcalなので1つでやめます(。>0<。)

Wine_151124
■そして泡。カヴァ・テンプス・ブリュット・レゼルヴァ。これはリーズナブルな良質ワイン満載で、大好きなワインショップ「ACワイン」さんで1400円くらいだったような。なので、さとう→ACワイン(コピスのB1)→アトレの順で回りましたよ。いやー、天気のいい日の辛口泡ワイン、最っっ高ーーです!

Park2_151124
Park1_151124
■暖かい秋の週末、これをいただきながら、バーベキューをする人々、ゆるくキャッチボールを楽しむ親子、のどかな公園の風景を見て…癒されるー。これ以上癒される瞬間、この世にあるのだろうか(*゚▽゚)ノ(*゚▽゚)ノ それにしても広い公園でした。まだレポート続きます。

******************
読んだ後に、クリックで応援お願いします(^o^)
↓↓↓

レシピブログのランキングにも参加中☆ こちらもできればクリックを<(_ _ )><(_ _ )>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.17

大人も「好き嫌い」が治る?春菊の鶏そぼろがけサラダ

_150119
■ある夜、すき焼きをして余った春菊を活用したレシピです。「春菊の鶏そぼろがけサラダ」。生の春菊をそのまま食べるサラダだけど、鶏そぼろが薬味とオイスターソースなどで甘辛く、強めに味付けるので、春菊のクセの強さをイイ感じに相殺します。

_150119_2
■出すときは鶏そぼろを小さい器に入れて添えて、食べるときに全体にかけるときれいにサーブできる。

■春菊って子供の頃はまず苦手な野菜の王道(?)で、人によってはトラウマが残って大人になってもなかなか克服できない、難しい食材の一つではないかと思う。一応食べられるようになっても、「苦いけど体によさそうだから」と頭で考えながら無理やり食べるというか。
でも春菊の食べにくい部分って「茎」にあるのです。すき焼きもサラダも、茎からやわらかい葉っぱだけをつんで使うと、クセや苦味がぐっと抑えられてわりとおいしく楽しめます。
春菊嫌いな人はこの「葉摘み技」、ぜひ一度やってみてください!

■子供の頃からの好き嫌いは治すのが難しいよね…いまでこそ料理の仕事をしているけど、わたしは子供の頃いっぱい嫌いな食べ物があって、それを周りの大人が無理やり食べさせようと、「これ食べないと大きくなれないよ」とか、「こんなおいしい味を知らないのはもったいないよ」とか「いつまでも子供ねー」といろいろ言われて強制されるのが本当に苦手でした。
一度食べて、恐ろしく「まずい!二度と食べられない!」という恐怖体験があるから苦手になるのであって…子供時代は理屈では食べられないのです。
大人がやってあげるべきことは、理屈による説得ではなく、調理の工夫。にんじんをパウンドケーキに入れてお菓子にしてもいいし、生のトマトが嫌いな子は塩ふって水分出して甘くソテーにするとか。ピーマン嫌いな子は、肉詰めフライやさらにチーズかけてオーブン焼きにしたら、“体から”そそられるのではないか。一度食べて「おいしい!食べられる!」という成功体験が一度できたら自信も出るし。春菊レシピを久しぶりに作って、思ったのでした。

_150119_3
「春菊の鶏そぼろがけサラダ」
《材料 2~3人分》
春菊 1/2束(葉だけをつむ)
鶏ひき肉(もも) 150g
にんにく・しょうが 各1片(みじん切りに)
玉ねぎ 1/4個(みじん切りに)
ごま油・みそ(赤みそ)・砂糖・酒(できれば紹興酒)・オイスターソース・しょうゆ・豆板醤(好みで)
深めのフライパンにごま油を熱し、ねぎ・しょうが類を香りが出るまで炒める。ひき肉もさっと炒めて酒大1をふり、砂糖大1、オイスターソース・しょうゆ各少々、赤みそ大2、豆板醤(好みで。入れなくても)ごく少量を入れて、鶏肉にやや水分を残す程度まで炒めて火を止める。春菊に鶏そぼろを添え、温かいうちに食べる。
※葉をつんだ後の春菊の茎はラップ保存して洋風スープのだしとして煮込んで使ったり、きざんでガーリック系パスタの具などにも。

************************************
読んだ後に、クリックで応援お願いします(^o^)
↓↓↓

レシピブログのランキングにも参加中☆ こちらもできればクリックを<(_ _ )><(_ _ )>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.28

小休止を経て、ワインの素晴らしさに目覚める/好みのワインの選び方

_141128_3
■ワインを飲み始めております。産後まだ半年未満ですが…何か?(*^-^) 
いや、本当は「丸1年は辞めよう、この時間を大事にしよう」と決めていたのですよ。でももう疲れやらなんやらたまってたまって…産後ケアでお世話になっている地元の助産院の先生にも、「あまり根詰めすぎないで、たまにはお酒飲んだり自分を解放しなさい」と言われ、その晩、約1年ぶりに飲んだワインのまーーーー、おいしかったこと(。>0<。)

■あらためて、ワインって素晴らしいお酒だなと思いました(^0^) 2008年にワインスクールに通い始め、その翌年ソムリエ試験に1回で合格したものの、「ワインを理論的に分析し、楽しむ」ということに若干嫌気が差すこと約5年…
それまでとにかく大好きだったワインが、だんだん飲むのが楽しくなくなっていたのだけど、この1年間の小休止を経て、やっぱりわたしワインが好きなんだなと心底思いました。泡でも白でも赤でも、1杯飲むだけでふわーっと華やかな気持ちになり、アルコール度数も弱すぎず、強すぎず。

■写真は、近所のOKストアで買ったシャンドンです。今年2014年の夏モデルのボトルを売り切るためのセール品だったので、2800円の定価が2080円になってたヽ(´▽`)/ このワインしかり、OKストアのワイン売り場を見ていたらどれも割引したり独自ルートの仕入れで880円とか、とてもリーズナブルな値段になっていて、「こうあるべきだよなー」ってしみじみ思いました。
ワインスクールに通っていたときは「1000円以下のワインはワインではない。コーラやソフトドリンクと同じ大量生産の工業製品」と習い、そういう認識でいたのだけどその値段ではなかなかデイリーには飲めない。アメリカやヨーロッパでは、1.99ドルや3ユーロのワインというのが百貨店でも、スーパーでも市場でも普通に買えて、そこそことてもおいしくて、みんなペットボトルの水のようにカートにがんがん積んで買っていて。
日本でその値段にするのはさすがに難しいけれど、「高価なおいしいワインを記念日に大事に」という飲み方ではなく、もっと気軽な値段でサクサク手に入るようになったら嬉しいなと。

ちなみに専門的にワインを理解したい人は、この本がとてもおすすめ。わたしが受験したときは、小難しく解説する本ばっかりで、こんなにいい本はなかったのです。

ワインテイスティング
佐藤陽一
アム・プロモーション
売り上げランキング: 50,424

■ネットでお酒を頼むときに、わたしがいつも利用しているのは楽天の古武士屋さんという専門店。置いてある商品のセレクトがとてもよくて、「これおいしい!」と外で見つけたワインを、ネットで検索するとたいていここで扱っている。わたしの好みと合っているのかな?

■お店で、プロのアドバイスを聞きながら買いたい人はこれらのショップで。ワインスクールに行ってた人は、たいていこのどこかでワインを買っています。
買うときは予算は1本いくら、こういう料理と合わせたい、または「重めの赤」「しっかりした白」が好き、などざっくりした好みを言うと、プロは喜んで候補を何本か挙げてくれますよ。
*********************
ヴィノスやまざき
カーヴドリラックス
エノテカ
マヴィ(ビオ=オーガニックワインの専門店)
グランド・カーヴ(伊勢丹新宿店地下ワイン売り場←イメージに反して(?)意外とリーズナブルなワインも揃っているし、売り場の方もフランクなのです)
*********************

**************************
読んだ後に、クリックで応援お願いします(^o^)
↓↓↓

レシピブログのランキングにも参加中☆ こちらもできればクリックを<(_ _ )><(_ _ )>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.30

旨みじわじわ、牛玉うどんと都市伝説

__141030
■最近、ものすごく肉食傾向にあります(゚ー゚; もちろん肉は好きだけど、前はそこまで「渇望する感じ」は無かった。でもここのところ、スーパーに行くと肉売り場、特に牛肉に引きつけられてしまう…あのビビッドな赤身と脂肪の白いところが際立って、本当においしそうだなーとパッケージを手にとって、じっくり見入り。

■7月の出産後、自分の人生にはずっと対岸にあった「ママ界」に入って一番驚いたのは「○○してはいけない」「☓☓すると大変なことになる(もしくは将来、子供になんやかの影響がある)」等々の“制約情報”が矢のように多方向から飛んでくること。
食べることに関してはそれが特に言いやすいのもあり、さまざまな提言をいろんな人から聞きました。
正直、どれも「すっぽん鍋を週1回食べてる人はみんな美肌」のような内容なので、科学的エビデンスに欠けます。聞き流せばいいんだけど、睡眠不足で心身気弱になっている状態だとなんだかつい真面目にインプットしてしまうのよねー。

■で、なんでそんな話になったかと言うと、「産後は肉類、特に脂身の多い牛肉を食べない方がいい」と注意した人(プロの助産師)がいて、当時は「そういうものなのだ」と真面目に聞いてしまい、それがわたしの現在の異様な肉渇望感につながっているのかと。
しかしこの牛肉の脂身もしっかり含まれたうどん、作って食べたら本当においしくて、脂身の旨みがじわじわ溶け出す感じがたまらなくて…久しぶりに満たされ、その晩はゆっくり眠れたのでした。
あ、今回はうどんを使いましたが、ごはんにそのままかけて「牛玉どんぶり」にしてもすごくおいしいです\(^0^)/

_141030
「牛玉うどん」 
1人分492kcal
《材料 2人分》
牛薄切り肉 150g
にんにく 1片(薄切り)
ごま油(太白) 小さじ1
しめじ 1/2パック(石づきを落としてほぐす)
酒・しょうゆ・めんつゆ 各大さじ2
砂糖 大さじ1
みりん 小さじ1
溶き卵1個分
うどん(冷凍) 2玉
<作り方>
小鍋にごま油とにんにくを入れて香りが出るまで弱火で炒め、水1カップとすべての調味料を入れてひと煮立ちさせ、牛肉を入れて強めの中火で色が変わるまで煮る(5分くらい)。一度火を止める。
うどんをゆでて器に盛り、牛肉の鍋をもう一度温め直し、卵を流し入れて半熟状になったら火を止め、ふたをして3分ほど蒸らす。うどんの上から盛り付ける。

******************

読んだ後に、クリックで応援お願いします(^o^)
↓↓↓

レシピブログのランキングにも参加中☆ こちらもできればクリックを<(_ _ )><(_ _ )>


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.29

2014年夏入院話③『糖質もりもり』コレクション

ずっと入院中の食事、アップしてきましたがとにかく糖質たっぷり、高カロリーメニューの連発に仰天し続けた日々でした。
(右カテゴリー、『美味でした~グルメな入院日記編』にまとめてあります)。
どれも「病院食は質素」「低カロリーだがおいしくない」といういままでのイメージを覆すものばかりで、読者の方の反響も大きかったのです。妊娠中の必要カロリーは1日2000kcal。これをきっちり摂れるよう、計算されたメニューだそうで特に炭水化物が多かった。今日は『糖質コレクション』?として最後、未アップ分もすべて載せます\(^0^)/

20140708
■まずこれ、特に忘れられないメニュー。何度も出た驚異のフレンチトースト4枚重ね朝食\(;゚∇゚)/左端の黒い液体は、なみなみ盛られたメープルシロップね(゚ー゚; 本当にこんなん病院食で出ていいのか?と毎回思ってました。

201407__
■これは若干「糖質減らしめ」の朝食。とは言ってもたっぷりのクラブハウス風サンドイッチ、「どこが?」って感じ?(^-^;

201407_
■糖質減らしめ朝食その②。これはやや質素でしょ?でもパン3種、もりもりよね。

****************************************************

20140710
昼食編。大ぶりの揚げチキンあんかけのメインにマスカットゼリーのデザート付き、まーすごいよね(^-^;

20140711
■昼食編②。これが、全入院メニュー中、いっちばん強烈だったのではないかと思う(笑)ちらし寿司どどーん&天ぷら盛り合わせ。お寿司、病院メニューなのにとてもおいしかった。

201407__2
■昼食編『糖質減らしめ』バージョン。ナポリタンと白いごはん両方付いて、これも「どこが?」かな?

****************************************************

20140708_2
夕食編です。チキンソテーオーロラソースがけ、果物&生クリームのスポンジケーキのデザート祭りヽ(´▽`)/ これ、入院中の妊婦さんとともに、出産後の人も同じメニュー食べます。生クリームって最も母乳に良くないと言われる要注意食材なんだけどな…(゚ー゚;

201407__3
■夕食編『糖質減らしめ』バージョン。サーモンのソテーで動物性脂肪分控えめに。しかしアボカドを添えて、クリーミーさを完全に排除してないとこがちょっと泣けた(。>0<。)

■こうしてまとめてみると、やっぱり豪華だったなー…毎日その時間になると、これらのメニューが自動的に上げ膳据え膳で。いや、でも、ほんとに入院生活自体はすっっっごくつらかったのです(T_T) (詳細はここに)。
高校時代の真夏の体育会合宿のように、死ぬほどつらかった体験って、あとで振り返るとなぜか懐かしい良き思い出になってしまうのだろうか…(^-^;

******************
読んだ後に、クリックで応援お願いします(^o^)
↓↓↓

レシピブログのランキングにも参加中☆ こちらもできればクリックを<(_ _ )><(_ _ )>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.28

2014年夏入院話②切迫早産入院3ヶ月、つらかったよ(T_T)

20140712
連日振り返っております、入院話。今日は食べ物の話じゃなく、書かないと言ったばかりの妊娠出産にまつわる話。ごめんなさい、でもこれはどーしても書きたくて。
■妊娠5ヶ月まで普通にきて、6ヶ月検診でも順調…だったはずが、診察後「切迫早産で入院」と言い渡されてしまいました。先日も書きましたが切迫早産・切迫流産ともに「差し迫った状態である」病気(というか症状)です。
■切迫早産と言われたら、軽度の場合は自宅で安静、深刻な場合は入院して病院で管理されながら安静にします。わたしはより慎重に行こうと入院に。そしてこれがほんとにほんとにつらかった(T_T)(T_T)
安静=要はただただじっとしてる、なのです。赤ちゃんが急に落っこちず、早期に産まれない(早産にならない)ように。しかし「こうすれば絶対に安全」という基準がない。そもそも妊娠出産って、つわりも陣痛も赤ちゃんがお腹の中で育つ過程もどういうメカニズムなのか、まだ科学的にすべてが解明されてないのです。
だから、担当の先生も看護師さんたちも「とにかくベッドの上にいて、そこから基本的に動かないでください」としか言えない。解除になるのは「いつ産まれても大丈夫」という時期的に安全圏に入るまで(人によっては安静期間は数週間~数ヶ月!)。

20140712_2
■自分は頭も体もピンピン元気、自覚症状なし、安定期に入ってマタニティライフ順調。なのにある日突然「今日から、いまあなたが座っている場所から3ヶ月間動かないで生活してください」と宣告されるのと同じなわけです(゚ー゚)
■安静にするのは、おなかにG(重力)がかかるのを極力防ぐため。腕から24時間点滴を流し続け、おなかをだらりと、張りを抑えるための薬を打ち続けます。食事は配膳されるまま、ベッドのテーブルの上で。お風呂は週1回のみ(その後若干増えましたが)。診察など部屋を移動して何かしなきゃいけない場合は車いす。
何度も書きますが、元気で体力あり余ってる状態でこういう強制生活にいきなり入るわけです。ほんとにほんとにほんとにきつかったよ-。最後の方はもう点滴を刺す場所がない両腕も痛くて(泣)
■写真は、わたしが唯一歩いて移動をゆるされた、「大部屋内の自分のベッド⇔トイレ」の移動距離。2メートルあるのか?3ヶ月間、自力移動はこの距離だけだったのよ(。>0<。) ムショ暮らしでしょ?笑

20140712_3
■おなじく3ヶ月、毎日毎日毎日ただただ見つめたベッドからの景色。「あー、あと何日…」と何回思ったか(゚ー゚; 妊娠出産は不思議なもので、やたらめったら動きまくってもまったく問題なく安産という妊婦さんもいれば、神経質なほど気をつけててもトラブルが起きる場合もあり。
■妊婦は無理しちゃいかん、体を冷やしちゃいかん、重いものは持つな、走るなんて言語道断…と、よく聞く注意事項は多々あるものの、絶対的な因果性はなく、産科学的にこれをやったら100%安産ということはひとつもないのです。未知の世界なのです。
■この入院期間で、人に優しくなろうと思いました(笑)
いろんな方から応援メールやLINEのメッセージをいただき、実際に病室に遊びに来てくださった方々もたくさんいて、面会があった日は最高の心のリフレッシュ(リハビリ?)ができて…あらためて振り返って、本当にありがとうございました<(_ _)><(_ _)>

******************
読んだ後に、クリックで応援お願いします(^o^)
↓↓↓

レシピブログのランキングにも参加中☆ こちらもできればクリックを<(_ _ )><(_ _ )>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.07.02

鶏とソーセージのスープ煮、鶏のしょうゆ焼き、白身魚のオーブン焼き/切羽詰まっているときほどやるべきこと

*****************************************************
<お知らせ>
当面、入院先の病院からブログアップ中です。
ただし、重篤な状態ではないので、くれぐれもご心配は無用です
詳しい経緯、わたしへご連絡されたい場合の方法などはこちらを<(_ _)> 
携帯・PCメール、SNSは通じます。

*****************************************************

20140701_2
入院68日目。朝食は、鶏とソーセージのスープ煮、和風大根サラダ、コーンポタージュ、パン3種。

20140701_3
■昼食は、鶏のしょうゆ焼き、しらすと青菜の煮こごり、キャベツの千切りサラダ、野菜の炊き合わせ、まいたけと小ねぎの味噌汁。

20140701_2_2
■夕食は、白身魚のオーブン焼きトマトソース、オレンジとにんじんのサラダ、鶏のグリル(ひと口サイズ)、かき玉スープ。
なんだか色彩が「赤と黄」に偏ったメニュー。

■入院が長くなり、付き合いの長い、ごく親しい女性の友人がぼちぼちお見舞いに来てくれるようになりました。この、日々新しいアクションが何もない生活の中で、「親しい人とおしゃべりする」という行為は、ものすごい刺激。皆さん、忙しい中来てくれて本当にありがとう(。>0<。)
入院中ってお酒も食事も、「媒介するもの」が何もないのに相手とじっくり向き合って、いろんな話ができるから不思議。楽しい。いろいろ気づかされます。昔のこと、いまのこと…。

■今回の入院生活は、とにかく閉鎖的で、毎日看護師さんやドクターとはまめに話をするんだけど話題はすべては「いま入院している現状について」。
自分としては、ブログのネタ探しもあり、テレビや新聞をまめに見てる方だとは思うんだけど、それでも自分がいかに近視眼的になっているか、お見舞いに来てくれた人といろいろしゃべることでよくわかる。

■介護や育児、めちゃくちゃ忙しい仕事のプロジェクトに集中して関わるときなど、「何か一つのことに、自分だけで孤独に立ち向かわざるを得ないとき」って、こうやって心が少しずつ侵食されていってしまうんだな…と最近気づいた。
その1トピックに集中しすぎるあまり、他のことが目に入らずどうしても近視眼的になる。人の親身なアドバイスもなんだか腹が立って、自分が世界で一番苦しいように思えてしまい、「誰もわたしのことなんてわかってくれない」となって…。入院しなければ気づかなかった、貴重なことでした。
忙しいときや切羽詰まっているときほど、あえて時間作っていろんな人と会って、自分の体内に新しい風を吹き込むこと、重要ですね。

******************
読んだ後に、クリックで応援お願いします(^o^)
↓↓↓

レシピブログのランキングにも参加中☆ こちらもできればクリックを<(_ _ )><(_ _ )>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.06.25

ハムエッグ、えびときのこのあんかけうどん、ポークストロガノフ/サッカー日本代表戦に思うこと

*****************************************************
<お知らせ>
当面、入院先の病院からブログアップ中です。
ただし、重篤な状態ではないので、くれぐれもご心配は無用です
詳しい経緯、わたしへご連絡されたい場合の方法などはこちらを<(_ _)> 
携帯・PCメール、SNSは通じます。

*****************************************************

20140624_1
入院61日目。朝食は、ハムエッグ、夏野菜のグリルサラダ、ミネストローネ、パン3種。

20140624_2
■昼食は、えびときのこのあんかけうどん、明太子豆腐、ささみとなすの和え物。

20140624_1_2
■夕食は、ポークストロガノフ、にんじんとオレンジのサラダ、きゅうりのピクルス、アスパラと玉ねぎのコンソメスープ。

■今朝5時にちゃんと起きて、サッカー日本代表vsコロンビア戦、見ました。会社員の方などは、パブリックビューイングで見てから出勤された人も多かったとか…本当にお疲れ様です。日中、好きなだけ睡眠不足を補える入院生活は、こういうときはよかったのも(゚ー゚;

■もちろん結果にはがっかり、だったけれど、最初から格上の相手なのに「絶対に負けられない戦い」「一丸となれば勝ち目は十分にある」とさんざんメディアであおり、日本国民のほとんどがその気になって、結果、選手や監督が責められるのもつらいなーと。

■わたしは子供の頃からテニスをやっています。テニスは20人の選手がいて少しプレーしたら、1~20位までメンタル面も含めた実力番付が、誰の目にもはっきりわかってしまう非常に冷酷な競技。
しかし上から1位と2位の人、3位と4位の人…と強い順にペアを組んでダブルス戦をやったら「結束の力」や「その時の調子や時の運」で7位&8位ペアが、1位&2位ペアにラッキーで勝ってしまうこともなくはない。
それでも、1位&2位ペアがどれほど調子が悪くても、17位&18位ペアに負けることは絶対にない。圧倒的な実力の差で、やっぱり17位ペアは凡ミスをやってはいけない局面でしてしまうし、1位ペアは「ここは決め時」という場面で決してはずさず、得点につなげるのです。

■今日のコロンビア戦は、ランキングなど実力の差で、最初からそういう試合だった。
しかしそんな誰もがわかっている“無理ゲー”なのにさんざん「勝てそう」とあおるのは、その高揚感からテレビの視聴率も上がるし、グッズも売れるし、関連商品(パブリックビューイングのため、朝から営業するビアガーデンとか)の経済効果も上がるから。
わたしたちは資本主義社会に生きているなーと思った朝でした。

******************
読んだ後に、クリックで応援お願いします(^o^)
↓↓↓

レシピブログのランキングにも参加中☆ こちらもできればクリックを<(_ _ )><(_ _ )>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

このブログの使い方(お仕事をご依頼くださる方、初めての方へ) | ごあいさつ | オーガニック・有機・遺伝子組み換え | ダイエット | ツール_料理以外 | ツール_料理道具 | デジタルな発見・おすすめURL | ホテル_都内 | レシピ_アジアンメニュー | レシピ_サラダ・野菜のおかず | レシピ_スープ・汁物 | レシピ_メインおかず(肉) | レシピ_主菜(魚) | レシピ_主食(いろいろ) | レシピ_主食(ごはんもの) | レシピ_主食(パン) | レシピ_主食(麺・パスタ) | レシピ_卵のメインおかず | レシピ_圧力鍋 | レシピ_小さいおかず | レシピ_正月料理 | レシピ_飲み物とおやつ | レストラン_そば・うどん | レストラン_イタリアン | レストラン_エスニック・フュージョン | レストラン_カフェ | レストラン_カレー専門店 | レストラン_ハンバーガー | レストラン_パン専門店 | レストラン_フレンチ | レストラン_ラーメン | レストラン_中華 | レストラン_日本料理 | ワインあれこれ | 仕事 | 仕事_TV・雑誌出演 | 仕事_WEBサイト | 仕事_「海のエコラベル」(MSC認証) | 出張&旅行 | 好きです!ドラマ・映画・美術展 | 妊婦食堂 | 我が家のおもてなしメニュー | 料理教室 | 料理教室_リトルシェフクラス | 日々のこと、あれこれ | 本日のフードライター弁当 | 注目!なこと(掃除) | 注目!なこと(片づけ) | 注目!なこと(美容) | 注目!なニュース(新聞記事より) | 美味でした~ | 美味でした~グルメな入院日記編 | 習い事 | 読んでよかった本 | 食材_お米 | 食材_スープ | 食材_ドリンク | 食材_パン | 食材_フルーツ | 食材_乳製品 | 食材_冷凍食品 | 食材_加工食品 | 食材_油 | 食材_缶詰 | 食材_製菓用品 | 食材_調味料 | 食材_野菜 | 食材_麺