« 四つの嘘 | トップページ | 山登りでワインぐびぐび »

2008.07.09

家で作る「冷やし中華」のコツ、わかった。
具に干しエビを戻したものを使い、その戻し汁を
たれに混ぜてからかけることだ。
8_6_2 

中華料理店で食べるような、ちょっと頭痛がしなくもない
しつこい甘酸っぱさがすごくまろやかになる。

ただし中華食材の干しエビは急に家にないので、
前にお好み焼を作ったときに残ってた
和食の「桜エビ」で代用した。問題なかったです。

あとは市販の焼き豚、きゅうり、戻した春雨、片栗粉をつけて
軽くゆがいたブラックタイガーをのせる。
それぞれ味が違うので、すごーく満足感がある。

生麺は西友で1個100円で買ったごく普通のもの。
普通に袋の表示通りゆがいて、氷水でしめた。十分おいしかったです。

今まで野菜は「オオゼキ」、
春雨とか干し海老とかややスペシャルな食材は「オリンピック」、
もしくは遠出ついでに伊勢丹とか三浦屋とかの特別なスーパーで、
めずらしい輸入食材とかお菓子の材料は「カルディ」、
体力の限界を感じた最終チョイスで西友、と
私の中で「マイブーム」ならぬ「マイ流通すみわけ」を
していたのだが、ある日地元の西友ですべてそろうことがわかって、
いろいろ動き回るのをやめた。

西友は意外にセンレック(タイの太乾麺)とかもちゃんと
そろえていたりして、えらい。
ナッツ類なんかもおいしいのです。

もうちょっとチーズの品揃え頑張ってほしいけど。
パルミジャーノチーズは、粉末じゃなく
固形チーズが本物だからね。

|

« 四つの嘘 | トップページ | 山登りでワインぐびぐび »

レシピ_主食(麺・パスタ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 四つの嘘 | トップページ | 山登りでワインぐびぐび »