« 帯状疱疹からの復活レシピ「揚げなす入り冷やし中華、ごまだれ添え」 | トップページ | 後頭部帯状疱疹、発症から第2ステージへ »

2006.10.02

体に良く、確実にやせるがやや難解なダイエット「四群点数法」

この前、デパ地下で買った「古代米おにぎり」。 ふつうの白米と「黒米」という雑穀をブレンドして炊くと、こんな色になる。もちもちした食感でおいしい。

本題の、ダイエットの話。 1年間受講した料理インストラクターコースで習った 「栄養学」の資料を見ていて、ちょっと試したくなってやってみた。 そしたらスーッとやせた。
最近病み上がり&引きこもりで、食事は食べているものの、 まったく運動していないのに、 1日0.2~0・5kgくらいドンドン減っていくのだ。

それは「四群点数法」という、女子栄養大学の創設者が 考えた、日本で最も由緒正しいダイエット法。

1群:乳製品
2群:肉・魚・豆
3群:野菜(いも類含む)と果物
4群:米やパンなど炭水化物ほぼ全部、砂糖、油類、お菓子類 お酒類

と、すべての食べ物を4つのグループに分け、 大体80キロカロリーくらいの食品を「1点」とし、 4グループそれぞれの割当て分を取って、合計で22点にするもの。
割当ては、1~3群は各3点、4群のみ13点。 80kcal×22点(3+3+3+13)で、1日1800kcal内におさめる (成人女子の場合)。

やせ幅をもっと大きくしたい人は、4群から1点ずつ引く(1~3群は固定)。 成人男子は、消費数が多いので、逆に4群をあと2点増やす。 このダイエット方法は、分野ごとにバランスよく食べるので 健康的に、しかも確実にやせる。
でも、それは当たり前なのだ、 だって、現代の20~40代くらいの働き盛り世代は 仕事後の晩酌なども含めれば、 1日2500~3000kcalくらい摂っていると言われてるので、 約半分になれば物理的にやせる。

あと、この方法の最大の難関は、 「何が80kcalなのかいちいち考えなくてはいけない」という点。 インストラクターコースの先生いわく、80キロミニカロリーガイドを持ち歩くのが一番早いと言っていたけど、 たとえば会社員でしかも営業マンで、上司と常に出歩くなんて人が 「じゃあ、次のアポの前にラーメンでも食ってくか」とか言われた時に こっそりガイドを出して、 「えー、中華そば1/2玉で2点で、ゆで卵は1点で、メンマは・・」と上司のカゲに隠れて計算する、なんてことはまず現実的でない。
要は、この方法は効果は確実だけど よっぽどヒマで、こだわりのある人しかできないのだ。 でも根性がある方はぜひ試してみてくださいませ・・・。

|

« 帯状疱疹からの復活レシピ「揚げなす入り冷やし中華、ごまだれ添え」 | トップページ | 後頭部帯状疱疹、発症から第2ステージへ »

ダイエット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 体に良く、確実にやせるがやや難解なダイエット「四群点数法」:

« 帯状疱疹からの復活レシピ「揚げなす入り冷やし中華、ごまだれ添え」 | トップページ | 後頭部帯状疱疹、発症から第2ステージへ »